資本形成って何のこと?

あなたの資本形成を手助けする総合情報サイト

人生のシーンに応じた資本形成をサポート

多くの人は目標を持ち達成することに喜びを覚えるものです。 ただ何をするにも元手がなくては実行することができません。いざ目標が決まりやろうと思ってそこから資本形成を始めても間に合わなかったり遅くなったりしてしまいます。 資本形成の癖をつけ計画的に準備していくことをお勧めします。

目標を達成するために元手を準備しよう

親からもらう小遣い、学生時代のアルバイトや就職時の賃金、パート収入、定年時の退職金。さらには副業での収入等々。
人生で収入を得る場はたくさん存在しています。しかしほとんどの場合労働対価として得た収入には消費する目的があり、実際に使い切ってしまうことが多いのではないでしょうか。
その場限りの消費にせず次の収入につなげる資本形成の癖を若い時からつけることを考えてみませんか。
次の収入に繋がるものといえば、元金となる現預金がまず頭に浮かびます。
それ以外にも仕事のためのパソコンの購入、スキルアップのための専門学校費用なども次の収入を得るための投資であり資本形成といえるのではないでしょうか。

ここでは代表的な資本投資である現預金の増加についてお話させていただきます。

定期的な収入を生むアルバイト、パートや就職時の賃金の一部を次のステップの元手として蓄積していくことは将来に向かって非常に価値のあることではないでしょうか。

現在金利はわずかですが貯金しておく、投資をして少しでも運用利益を得るといったことを考え次のステップに行くための資本形成をしておくことは人生のリスクを減らすためにも重要なことではないでしょうか。

ここで重要なことは消費した残りを投資に回すのでなく先に投資する金額を決め残りを消費するということではないでしょうか。計画的に資本を蓄積していくことが重要ではないかということです。又金融商品への投資も提供先の提案に乗るだけでなく、リスクには十分注意し自分で調べ納得したものに投資をしましょう。

楽しんで元手を作る!癖になれば苦にならない!

せっかく働いて得たお金を趣味や遊楽に使わず取っておくのは、今まであまり使用目的を考えずに使ってきていた人にとってはちょっと辛いかもしれません。 でも目標を設定し毎月少しずつでも継続して元手を作っていくとすれば、それが癖になるころには苦労が楽しみに変わるのではないでしょうか。

元手を遊ばせてはもったいない

労働対価として得た資本もそのままでは遊んでしまっています。 もちろん目標を決めそのための資本として使い道は決まっている人も多いと思います。 まだ目標の実施が先、あるいはまだやるべき目標がない場合には投資をし元手を増やすことを考えてみて損はないと思います。