元手を遊ばせてはもったいない

定年後も働こう

雇用は延長傾向にありますが、60歳定年の会社がまだ多いようです。現在年金受給は65歳からですのでその間の収入を得る方法を考える必要があります。
定年後65歳まで嘱託や契約社員として雇用を維持している会社が多くなっています。給料は減少することが多いですがぜひ検討しましょう。

ところで定年後は2つのステップで考えるとわかりやすいのではないでしょうか。
まず60歳から65歳までの間。この期間は貯蓄を取り崩さず嘱託やアルバイトをし収入を得て資本を減少させないようにしましょう。投資により資本を増加できれば65歳以降が見通しやすくなります。資本を増加させられなくても減らさないことを考えましょう。
次に65歳以降です。年金をもらえるようになったら、いくら生活費がかかるのか、過不足額を確認しましょう。できれば不足分をアルバイト等で得られれば資本を減らさずに済みます。

退職金にも働いてもらおう

会社勤めの最後にもらう退職金。結構な額になる方が多いと思います。
ご褒美と思いがちな退職金。ついつい気が大きくなって海外旅行にいったり大きな買い物をしてしまうものです。又孫の教育資金等に気前よく出してしまったり気が付いてみたら預貯金が大幅に減っていたなんてこともあります。
でも人生はこれから100年時代と言われています。60歳で定年、嘱託として65歳まで働いても残りの人生はあと35年。
仕事を退職したけど、年金をもらえるから大丈夫なんて言わずに退職金に働いてもらいましょう。
但し、退職金を高リスクの金融商品に投資することは元手を失いかねません。今までしてきた投資の経験を生かし低リスクの中の目的に合ったものを選択するのが良いでしょう。